島根で生活をしている大淵裕昭

大淵裕昭は大学卒業後は東京の企業に就職して仕事をしながら生活をしたいと思っていました。しかし彼は長男ということもあって、親は島根に帰って来てほしいという思いを抱いていることを知っていたので、大学3年のときに卒業したら実家に帰ろうと決心をしました。慶応義塾大学ということもあり、就職活動の幅はとても広かったのですが、島根にある民間企業には魅力的な会社が無いと感じたようで、早い段階で地元の市役所で働こうと決めており、大学3年の夏ころから公務員試験対策の勉強をしてきました。時間的にも金銭的にもあまり余裕はありませんでしたが、公務員試験対策の勉強をすることができる専門学校に通って勉強をして、無事に地元の市役所の試験に合格することができました。

大淵裕昭は東京で就職をすれば、いくらくらいの収入を得るかをしっかりシミュレーションしてきましたが、そのときの金額と比べると公務員の給料は決して高いとは言えない金額です。それでもしっかり貯金したいという気持ちから、島根では一人暮らしではなく実家暮らしを選びました。28歳になって実家暮らしというのも不自由な面はいろいろありますが、それでも大淵裕昭は地方で生活をして貯金もするとなると、余計な出費は控えたいと思っているので、どうしてもアパートを借りて一人暮らしはできず肩身が狭い思いもありますが、親と一緒に実家暮らしをしています。

年齢も三十路に近づいてきましたが、現在は仕事に熱中していてとても充実した毎日を過ごしています。市役所に勤務するようになってから7年が経ち、ここに来て大淵裕昭も責任がある仕事を任せてもらえるようになりました。だからこそとても難しい仕事もありますが、とてもやりがいを感じて仕事をしています。そして趣味のアニメや学生時代やっていた野球も忙しく、今でも独身のままで忙しい毎日を過ごしています。仕事とプライベートの両立はとても難しいですが、それでも充実した日々を過ごしています。大淵裕昭はもうすぐ30歳になるということもあり、実家で一緒に暮らしている親は、早く結婚してほしいと思っているそうです。本人としては、焦らずに自分の人生を楽しみたいという思いもありますが、大淵裕昭には付き合っている彼女もいるので、本人もお互いのタイミングが合えば近いうちに結婚はしたいと思っています。2人で話し合ってその時期が来たら、彼女と2人で過ごす生活を楽しみたいそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 千葉 ネイルサロンを営んでいるNail Salon Marijuは、子供連れのお母さんも来店できるよ…
  2. このショップは売買と車検を行えるショップです。このショップではリピート率が高く地域密着で雑誌に載るな…
  3. 牧野奏子は30代に差し掛かりましたが、ここにきてストレスを感じることが多くなったと実感しているようで…

アーカイブ

ページ上部へ戻る